ウズキャリ(UZUZ)とジェイックのサービス内容を徹底比較しました

第二新卒・既卒・フリーターなど就職市場で弱者になりやすい方にとって、就職エージェントは強力な味方になります。しかし、どれを選べばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ウズキャリとジェイックのサービス内容をすべて比較してみました。

運営企業

サービス名 運営企業
ウズキャリ 株式会社UZUZ
ジェイック 株式会社ジェイック

まずは、サービスを運営する企業について見てみましょう。

ウズキャリを運営するのは株式会社UZUZ(2012年設立)です。

ジェイックを運営するのは株式会社ジェイック(1991年設立)です。

UZUZは若手の就活サポートをする企業の中でもっとも後発になります。一方のジェイックは、第二新卒や既卒といった若者向け就活サポートではもっとも古くからあるサービスです。

ウズキャリ・ハタラクティブ・いい就職.com・ジェイック・第二新卒エージェントneo、第二新卒・既卒・フリーター向け就職エージェント優良5社を徹底比較

就活サポート対象:どちらも20代の若手人材がメイン

年齢:18〜29歳

サービス名 年齢
ウズキャリ 18〜29歳
ジェイック 18〜29歳

ウズキャリ、ジェイックともに対象の年齢は18〜29歳です。

どちらのサービスも、第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど就活市場において「弱者」になりやすい若年層の就活サポートをしている点が共通しています。

第二新卒とは

新卒として就職したあと、数年以内に離職して転職活動を行う人のこと。

学歴:どちらも高卒以上

サービス名 学歴
ウズキャリ 高卒以上
ジェイック 高卒以上

ウズキャリとジェイックともに高卒以上が対象です。

年齢と学歴で両サービスに差がないことがわかります。

費用:どちらも無料

サービス名 費用
ウズキャリ 無料
ジェイック 無料

ウズキャリ、ジェイックどちらも利用料金はかかりません。

なぜ無料でキャリアカウンセリングなどの就活サポートを受けられるのかというと、人材紹介会社は企業から報酬をもらっているからです。

「お金を払ってでも人材が欲しい」という企業には、「人を大事に育てる」企業が多いため、結果的に俗に言う「ブラック企業」を排除することができます。

対応エリア:ジェイックは地方に強い

サービス名 対応エリア
ウズキャリ 東京などの首都圏
名古屋
大阪
ジェイック 仙台
東京などの首都圏
名古屋
大阪
神戸
福岡

ウズキャリは、東京をはじめとした首都圏、名古屋・大阪に対応しています。

ジェイックは、首都圏のほか、全国各地の主要都市に対応しています。

ウズキャリは、対応エリアでの就職を希望していれば、地方在住の場合は電話などで就活サポートを受けられます(面接時は企業の所在地に行く必要があります)。

カウンセリング場所:ジェイックは多数の拠点あり

サービス名 カウンセリング場所
ウズキャリ 東京(新宿、初台)
名古屋
大阪
ジェイック 仙台
埼玉
千葉
東京(神保町、新宿、池袋、町田)
神奈川(横浜、川崎)
名古屋
神戸
大阪(大阪、梅田)
福岡(福岡、北九州)

ウズキャリは東京(新宿)・名古屋・大阪の各地でカウンセリングが受けられます。

ジェイックのカウンセリング場所は各拠点です。支店がないところでも期間限定拠点を設けているので、そこで研修「就職カレッジ」を受けられます。

就活サポート内容:ウズキャリの個別サポートは心強い

サービス名 就活サポート
ウズキャリ キャリアカウンセリング
書類添削
面接対策
ジェイック キャリアカウンセリング
書類添削
面接対策

どちらのサービスも専任のキャリアカウンセラーがつき、自分に合った道を教えてくれるキャリアカウンセリングや書類添削(履歴書・職務経歴書)、面接対策が受けられます。

特にウズキャリの個別サポートは、他社10倍時間をかけているため(1回あたり60〜90分の個別面談を何度も受けられます)、きめ細かいサポートを受けることが可能です。

職種の傾向:ウズキャリはIT職、ジェイックは営業職が強い

サービス名 職種の傾向
ウズキャリ IT、営業など
ジェイック 営業など

ウズキャリはIT職(ITエンジニア、プログラマなど)を中心に、営業職などの求人があります。

ジェイックは営業の研修を行っているだけあり、営業職が特に強いのが特徴です。

研修サービス:両サービスとも研修に力を入れている

サービス名 研修サービス
ウズキャリ ウズウズカレッジ
ジェイック 就職カレッジ

ウズウズカレッジ

ウズキャリを運営するUZUZでは、「ウズウズカレッジ」(通称ウズカレ)という研修型就活サービスも受けられます(同じ窓口なのでWeb登録後にウズカレに参加できます)。

ウズカレは、まったくの未経験の状態から1ヶ月の研修を受けることで「ITエンジニア」や「プログラマ」として就職を目指すというものです。

今のところ、若手向け就活サービスのなかでは唯一無二のサービスなので、「IT企業に就職したい」という方はぜひ参加しておきたいところです。

ウズウズカレッジ(ウズカレ)の登録後の流れ、面談する場所、料金などこれさえ読めば大丈夫!【徹底解説】

就職カレッジ

ジェイックには、「就職カレッジ」(女性は「女子カレッジ」)という営業に特化した研修があります(ジェイックの就活サポートを受ける=就職カレッジを受けることになります)。

就職カレッジの特徴は、10日間(2週間)の研修を受けることで、選考なしに企業面接を受けられる点です。「営業職を目指している」方にはおすすめの研修と言えるでしょう。

内定率:ウズキャリの83%は競合1位

サービス名 内定率
ウズキャリ 83.0%
ジェイック 80.3%

内定率はわずかにウズキャリが上回っています(83.0%)。

ただ、既卒の内定保有率は44.0%であることを考えると(マイナビ調べ)、ウズキャリとジェイックどちらのサービスもとても優秀であることが分かります。

おわりに

ウズキャリとジェイックの比較をしてきました。

内定率を見ても分かるようにどちらのサービスも利用することによって、ひとりで就職活動をするときと比べて内定率が大幅にアップしているのが分かります。

第二新卒・既卒・フリーターの方にとって就職エージェントは就活をする上で強力な味方になります。自分にあった就職エージェントを選んで、就活を上手に進めていきましょう。