既卒・フリーターの採用を引き寄せるお礼状の書き方

お礼状は、面接終了後に感謝の意味を込めて送ります。

ただ、添え状と違い、必ず送る必要があるものではないため、担当のキャリアカウンセラーにお礼状を送った方が良いか相談するのもよいでしょう。

「面接後にお礼状が送られてこなかった」ということが面接のマイナスになることはありません。

お礼状は純粋な感謝の気持ちを送るものと考えましょう。お礼状に自己PRなどを長文で書くと、「なぜこの人は面接で伝えなかったのか?」と逆効果になります。

もし、お礼状を送るか迷っているときは、面接後すぐに送りましょう。二次面接がある場合、お礼状が届く前に次の面接が行われてしまうことがあるからです。

お礼状には、面接などを通して「より企業で働きたくなった」という内容を具体的なエピソードとともに書きます。

面接官の名前が分かる場合は、面接官宛に送ります。もし名前が分からない場合や複数の面接官がいた場合は「採用ご担当者様」と書きます。

スポンサーリンク

既卒・フリーターのお礼状の例文

お礼状の例文を紹介します。

自分の文章に置き換えて、機械的にならないように注意しましょう。

添え状の例文

株式会社◯◯
採用ご担当 ◯◯様

〒◯◯◯-◯◯◯◯
東京都◯◯◯◯◯◯
名前 ◯◯◯◯
電話番号 080-◯◯◯◯-◯◯◯◯
メールアドレス ◯◯.com

お礼状

拝啓 ☓☓の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

このたびは、面接を受けさせていただき、ありがとございました。

◯◯様(面接官の名前)から貴社の業務内容、職務内容のお話をお聞きし、より入社したい気持ちが強くなりました。特に貴社の◯◯のお話は、私にとってやりがいのある内容でした。

今までの職務経験を生かし、貴社で必要な知識を得て頑張りたいと考えております。

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

敬具

 

 

 

 

 

 

 

面接時の具体的なエピソードを盛り込むと信ぴょう性が出て、採用担当者に好感を持たれます。

お礼状が採否に直接影響を与えることはありません。しかし、どちらかの人に迷ったときなどに有利になります。面接を終えたあとは、すぐにお礼状を送ってみましょう。

第二新卒・既卒・フリーター向け就活サイト

第二新卒・既卒・フリーターとして就職活動をしたいけれど、「どんな就職サイトを使えばいいか分からない」と悩んでいませんか?

他社の10倍時間をかける個別就活サポートにより、内定率86%の実績を持つ第二新卒・既卒・フリーター向け就職サイト「ウズキャリ」をご紹介します。