退職代行コンシェルジュのサービス内容、登録後の流れ、料金などこれさえ読めば全部わかる徹底解説!




「退職代行サービスの退職代行コンシェルジュを使いたい」

「けれど、どんなサービスが受けられるのかもう少し詳しく知りたい…」

そう悩んでいませんか?

退職代行コンシェルジュは、Karteが運営する退職代行サービスです。

ここでは退職代行コンシェルジュのサービス内容、登録後の流れ、料金などについて徹底解説します。

退職代行コンシェルジュを運営する「Karte」について

会社名 Karte
所在地 東京都港区三田3丁目2番1号
設立年 -
代表者 高木和人
資本金 -

まずは、退職代行コンシェルジュを運営している企業について、おさらいをしてみましょう。

退職代行コンシェルジュを運営しているのは「Karte」です。

Webサイトを見た限りだと、法人成りをしているかは判断できませんでした。

【徹底比較】リスタート・SARABA・EXIT・ニコイチなど退職代行サービス優良11社をさまざまな角度から調べました

2018.10.31

退職代行コンシェルジュ:円満退社・即日退社可能

運営会社 Karte
対象年齢 特になし
対応地域 全国
相談方法 LINE、メール
期間 即日〜2週間程度
転職サポート あり
弁護士の指導 あり
返金対応 なし
支払い方法 銀行振込
費用 正社員・契約社員・派遣社員:49,800円
アルバイト・パート:39,800円
サイトリニューアルキャンペーン:30,000円

退職代行コンシェルジュは、円満退社・即日退社可能のサービスです。

即日対応

退職代行コンシェルジュは、相談したその日から退職代行をしてもらえます。

ブロック対応

退職代行コンシェルジュが会社への連絡をしてくれるため、あなたは会社と連絡する必要はありません。退職届や貸与品は郵送になります。

無料転職支援

退職代行コンシェルジュでは退職だけでなく、その次の「転職支援」も行ってくれます。転職をしてくれるサービスは希少なので、重宝するでしょう。

退職代行コンシェルジュは弁護士指導を受けている

「弁護士じゃないのに退職代行事業を行っていいの?」と思う方もいるかもしれません。

そう思った方は、かなり鋭い視点を持っています。

弁護士ではない者(会社)が、退職代行のような法律に関する業務を請け負うことを「非弁行為」といい、これは法律違反になります。

退職代行コンシェルジュは、弁護士から指導を受けているサービスです。具体的には法律に関する業務の部分については弁護士が担当するなど、業務範囲の適正化をしています。

そのため、安心して利用することが可能です。

実際、退職代行サービスの中には、非弁行為をしている会社も存在するので注意が必要です(当サイトでは非弁行為については厳しく判断しています)。

退職代行コンシェルジュを使える人

退職代行コンシェルジュを使える人について「年齢」と「場所」にわけて解説します。

年齢:全年齢

退職代行コンシェルジュは全年齢に対応しています。

場所:全国に対応

退職代行コンシェルジュはオンラインで完結するため、全国に対応しています。

退職代行コンシェルジュの料金と支払い方法について

退職代行コンシェルジュを利用する前に「お金」について解説します。

費用:雇用形態によって異なる

退職代行コンシェルジュの利用料は雇用形態によって異なります。

  • 正社員・契約社員・派遣社員:49,800円
  • アルバイト・パート:39,800円

何度相談しても、追加料金は一切かかりません。

支払い方法:銀行振込に対応

退職代行コンシェルジュの利用料金の支払い方法は、「銀行振込」に対応しています。

退職代行コンシェルジュの利用方法と登録後の流れ

ここからは退職代行コンシェルジュの登録の流れを解説します。

サービス申し込み

退職代行コンシェルジュ公式サイトから「LINE」もしくは「メール」で相談します。

登録後、担当者から折り返し連絡がきます。

依頼内容確認&振込

依頼内容に間違いがないかを確認し、間違いがなければ振込をします。

このとき「即日対応してほしい」「会社と連絡とりたくない」「有給休暇を使いたい」など希望があれば、退職代行コンシェルジュに伝えましょう。

退職代行

支払いの確認がとれると、退職代行がはじまります。

退職代行が完了すると連絡をもらえます。

転職相談(希望者のみ)

ここからは希望者のみ、転職相談が受けられます。

次の職場について相談したい方は、退職代行コンシェルジュを使って転職相談すると良いでしょう。