【退職代行】SARABA(サラバ)のサービス内容、登録後の流れ、料金などこれさえ読めば全部わかる徹底解説!

SARABA




「退職代行サービスのSARABAを使いたい」

「けれど、どんなサービスが受けられるのかもう少し詳しく知りたい…」

そう悩んでいませんか?

SARABA(サラバ)は、合同会社ゼロが運営する退職代行サービスです。

ここではSARABAのサービス内容、登録後の流れ、料金などについて徹底解説します。

SARABAを運営する「ゼロ」について

会社名 合同会社ゼロ
所在地 沖縄県那覇市西1-17-17
サニーサイドテラス 502号室
設立年 2015年10月5日
担当者 岡本大輝、村吉勇介

まずは、SARABA(サラバ)を運営している企業について、おさらいをしてみましょう。

SARABAを運営しているのは「合同会社ゼロ」(以下、ゼロ)です。

ゼロは沖縄県で設立された会社で、退職代行のほか、宿題代行、家系図作成代行などニッチなサービスの代行業を行っています。

退職代行を徹底比較

【徹底比較】リスタート・SARABA・EXIT・ニコイチなど退職代行サービス優良11社をさまざまな角度から調べました

2018年10月31日

SARABA:定額制退職代行サービス

運営会社 合同会社ゼロ
対象年齢 特になし
対応地域 全国
相談方法 電話、LINE、メール
期間 即日〜
転職サポート なし
弁護士の指導 なし
返金対応 あり
(退職できなかった場合、全額返金)
支払い方法 銀行振込、クレジットカード
費用 30,000円

SARABA(サラバ)は、定額制退職代行サービスです。

即日退職可能

SARABAは、最短即日退職が可能です。

また、休日や深夜でも(可能な限り)対応してくれるので、「もう仕事をやめたい」と思ったときに重宝するサービスと言えるでしょう。

一律30,000円の費用

退職代行サービスのなかには、さまざまなオプション価格を上乗せする業者もいます。

SARABAは、どのような職業・雇用形態問わず一律30,000円で退職代行をしてもらえます。

退職できなかったとき、全額返金

また、万一退職できなかったときは全額返金される「返金保証」もあるので、安心して利用することが可能です。

ただ、退職できなかったことはほとんどないので(退職と休職で「休職」を選んだケースがあるとのことです)、失敗することはないと考えて良いでしょう。

SARABAを使える人

SARABA(サラバ)を使える人について「年齢」と「場所」にわけて解説します。

年齢:不問

SARABAを使える年齢は不問です。

また、職業なども制限がないのでどんな方でも利用できます。

場所:全国に対応

SARABAはオンラインで完結するため、全国に対応しています。

SARABAの料金と支払い方法について

SARABA(サラバ)を利用する前に「お金」について解説します。

費用:3万円

SARABAの利用料はすべて込みで一律「3万円」です。

支払い方法:銀行振込、クレジットカードに対応

SARABAの利用料金の支払い方法は、銀行振込とクレジットカードに対応しています。

クレジットカードはPayPal(ペイパル)を経由して行われます。

(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Discover、Union Pay)

もし、まとまった金額が手元にない場合は、クレジットカードの「分割払い」「リボ払い」を利用し、全額キャッシュバックされたあとで返済すると良いでしょう。

SARABAの利用方法と登録後の流れ

ここからはSARABA(サラバ)の登録の流れを解説します。

電話かメールで相談

SARABA公式サイトのから「電話」「メール」で相談します。

SARABAの退職代行サービスは、会社と連絡をとりたくない、家族にバレたくないなどのニーズにも応えてくれるので、希望の条件を相談してみましょう。

正式申込み&支払い

ここで正式に申込みをして、費用の支払いをしましょう。

離職票などの書類は、会社からあなた宛に送ってもらえます。

担当者との打ち合わせ

正式申込みと支払いの確認ができたら、改めてSARABAと打ち合わせをします。

ここで具体的な退職スケジュールを決めます。

心配に思っている点があれば確認しておきましょう。

SARABAが会社に連絡

SARABAが退職代行をします。

退職が完了するまで、回数無制限サポートをしてもらえるので、退職代行について気になることがあれば、SARABAに相談しましょう(サポートも無料です)。