退職代行は違法?非弁行為と弁護士指導を受けている優良退職代行サービス完全まとめ

退職代行は違法? 非弁行為と弁護士指導を受けている優良退職代行サービス完全まとめ




最近、「退職代行サービス」という言葉をよく耳にしますが、「あれは弁護士ではないから違法である」という指摘を聞くことも多いですよね。

結論から書くと、弁護士ではない人が、交渉など法律事務を取り扱う「非弁行為」をしている退職代行サービス業者は違法にあたります。

一方、退職代行サービスのなかには、弁護士から指導を受け、業務範囲の適正化に努めている優良サービスもあり、こちらは違法にはあたりません(利用するときはこちらをオススメします)。

また、ウラノスの退職代行は弁護士による退職代行サービスです(もっとも安全な方法です)。

ここでは退職代行のどの部分が違法にあたるのか、そして弁護士指導を受けている優良退職代行サービスをわかりやすくまとめて紹介します。

たままま
退職代行サービスを使うときは、トラブルを防ぐためにも弁護士指導をきちんと受けているサービスを利用するのを強くオススメします。

退職代行のどこが違法(非弁行為)にあたる?

まずは、「非弁行為」について確認しておきましょう。

非弁行為とは?

非弁活動とは、法律で許されている場合を除いて、弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに報酬を得る目的で弁護士法72条の行為(弁護士業務)を反復継続の意思をもって行うこと。非弁行為ともいう。

非弁活動 – Wikipedia

ここで「弁護士法72条」が出てきたので、見てみましょう。

第72条
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

弁護士法第72条 – Wikibooks

かんたんに言うと、「弁護士以外の人が法律事務を取り扱ってはいけませんよ」ということです。これに違反することを「非弁行為」(または「非弁活動」)といいます。

退職代行が非弁行為にあたりそうな場所

退職代行サービスは、仕事を辞めたい「Aさん」から依頼を受けて、Aさんが働く「会社」に連絡をします。

そして、「Aさんが退職をしたい旨」を伝え、必要に応じて交渉し、退職を成功させます。

このとき、「Aさんの希望を会社に伝えるだけ」は問題ないのですが、「交渉」をするとやはり非弁行為にあたってしまうとのことです(弁護士に確認済)。

つまり、「退職代行サービス業者がどこまでの業務範囲を行っているか」が問われます。

弁護士指導を受けて業務内容の適正化をしている必要がある

退職代行サービスが乱立している

現在、退職代行サービスが増えており、法人としてサービス展開しているところもあれば、個人が個人事業主(いわゆる自営業)としてサービスを行っているものまでさまざまあります。

そうなってくると問題になるのが、先ほどの「非弁行為」です。

大切なことなのでもう一度書いておくと、退職代行サービスは「交渉」をしてはいけません。

退職代行サービスがして良いのは、会社に伝えるところまでで、それ以上の交渉(「いつ辞められるか」「有給は」など)をするときは、弁護士が行う必要があります。

退職代行サービスを選ぶときのポイントは「弁護士指導を受けているか」

つまり、言い換えると退職代行サービスを選ぶときは「弁護士指導を受けて業務範囲の適正化」をしているかどうかがポイントになります。

この「業務範囲の適正化」とは、退職代行サービス会社が連絡までの業務を行っており、それ以上のことは担当の弁護士が行っているということです。

もし、あなたが退職代行サービスを選ぶときは、このように「弁護士指導を受けて業務範囲の適正化」に努めているサービスを選ぶようにしましょう。

そうしないと、あなたまで法律違反に加担していることになり、最悪トラブルに巻き込まれる可能性も否定できません(とても大切なことなので気をつけましょう)。

>>弁護士による退職代行サービス「ウラノスの退職代行」を詳しく見る

弁護士指導を受けている優良退職代行サービスまとめ

ここまでで退職代行サービスを選ぶときは、「弁護士指導を受けて業務範囲の適正化」に努めているサービスを選ぶことが大切であることがわかりました。

最後に「弁護士指導を受けている」ことを明記している優良退職代行サービスをまとめて紹介します。各サービスの弁護士指導についてのコメントも掲載しています。

上からオススメ順に並んでいるので、上から順に料金などを比較して選ぶと良いでしょう。

ウラノスの退職代行:弁護士による退職代行サービス

ウラノスの退職代行
運営会社 ウラノス法律事務所
対象年齢 特になし
対応地域 全国
相談方法 電話、申し込みフォーム
期間 即日〜
転職サポート なし
弁護士の指導 あり(ご本人が弁護士の方です)
返金対応 なし
支払い方法 銀行振込
費用 正社員:54,000円
パート・アルバイト:43,200円

弁護士が行う退職代行のメリット

  • 弁護士が1件1件個別対応している
  • 弁護士には対応事項に制限がない
  • 退職届等の書類の準備が不要

ウラノスの退職代行は、現役の弁護士による退職代行サービスです。そのため、「非弁行為」を一切心配する必要なく、退職代行をお願いすることが可能です。

リスタート:実質無料&転職サポートもある最優良サービス

リスタート
運営会社 株式会社UZUZ
対象年齢 20代
対応地域 全国
相談方法 LINE、電話
期間 即日〜2週間程度
転職サポート あり
弁護士の指導 あり
返金対応 あり
(退職できなかった場合、全額返金)
支払い方法 銀行振込、クレジットカード
費用 30,000円
(転職サポート利用で全額キャッシュバック)

弊社は退職代行事業の非弁リスクを回避するため、弁護士から指導を受け業務範囲の適正化に努めております。

「退職代行」では、
①お客様(ご登録者)から預かった伝言を会社に伝えること(伝言)
②退職にまつわる一般的な説明を会社にすること(説明)
③ご登録者から預かった質問を会社に伝えること(質問)を行います。

退職の意思表示をしたり交渉することは「代行」には含まれません。

▼非弁行為とは?
弁護士ではない者が法律に関する業務を請け負うことを指し、これは法律違反に該当します。世の中に多く出回っている退職代行サービスの中には、こうした非弁行為を行う会社も多く存在しています。

「リスタート」は、人材紹介会社のUZUZが運営する退職代行サービスです。20代の退職代行に特化しており、退職後、転職サポートを受けると全額キャッシュバックが受けられます。

また、弁護士指導を受け業務範囲の適正化をしているため、安心して利用できるのもポイント。後発サービスでありながら、もっともオススメの退職代行サービスと言えます。

退職後、「すぐに転職活動をはじめたい」という方から、「少し休んでから働きたい」という方まで、20代でもう一度仕事をやり直したい方は、まず最初に登録しておきましょう。

EXIT:退職代行ブームはここからはじまった

【退職代行】EXIT(イグジット)のサービス内容、登録後の流れ、料金などこれさえ読めば全部わかる徹底解説!
運営会社 センシエス合同会社
対象年齢 不問
対応地域 全国
相談方法 電話、LINE、メール
期間 即日〜
転職サポート なし
弁護士の指導 あり
返金対応 なし
支払い方法 銀行振込(振込一括、2回分割可能)
費用 正社員・契約社員:50,000円
アルバイト・パート:40,000円

非弁業者にご注意ください

弊社は退職代行事業の非弁リスクを回避するため、顧問弁護士から指導を受け、業務範囲の適正化に努めております。

現在の「退職代行」ブームを作ったのが「EXIT」です。まさに退職代行サービスのために作られた会社と言って良いでしょう。弁護士指導も受けている良質サービスです。

退職代行コンシェルジュ:専属コンシェルジュによる丁寧なサービス

退職代行コンシェルジュのサービス内容、登録後の流れ、料金などこれさえ読めば全部わかる徹底解説!
運営会社 Karte
対象年齢 特になし
対応地域 全国
相談方法 LINE、メール
期間 即日〜2週間程度
転職サポート あり
弁護士の指導 あり
返金対応 なし
支払い方法 銀行振込
費用 正社員・契約社員・派遣社員:49,800円
アルバイト・パート:39,800円
サイトリニューアルキャンペーン:30,000円

退職支援事業の非弁リスクを回避する為、顧問弁護士から指導を受け業務範囲の適正化に努めてます。

※サービスの主体は弁護士では御座いません。

Karte(カルテ)が運営する「退職代行コンシェルジュ」は、退職代行だけでなく、転職サポートも受けられます。退職の次のことも考えたい方に重宝するサービスと言えるでしょう。