就職ShopとDYM就職のサービス内容を徹底比較しました

就職ShopとDYM就職のサービス内容を徹底比較しました

第二新卒・既卒・フリーターなど就職市場で弱者になりやすい方にとって、就職エージェントは強力な味方になります。しかし、どれを選べばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、就職ShopとDYM就職のサービス内容をすべて比較してみました。

運営企業

サービス名 運営企業
就職Shop 株式会社リクルートキャリア
DYM就職 株式会社DYM

まずは、サービスを運営する企業について見てみましょう。

就職Shopを運営するのは株式会社リクルートキャリア(1977年設立※)です。

DYM就職を運営するのは株式会社DYM(2003年設立)です。

※リクルートが設立された年です。

就職Shopは、人材業界国内1位のリクルートグループです。一方のDYMは、2003年に設立されました。リクルートと比べると比較的新しい企業と言えるでしょう。

ウズキャリ・ハタラクティブ・いい就職.com・ジェイック・第二新卒エージェントneo、第二新卒・既卒・フリーター向け就職エージェント優良5社を徹底比較

2018.01.05

就活サポート対象:どちらも20代の若手人材がメイン

年齢:どちらも比較的ゆるい

サービス名 年齢
就職Shop 20代がメイン
DYM就職 18〜35歳

就職Shopは20代がメイン(9割)ですが、それ以外の年齢層もサポートしています。

DYM就職の対象年齢は18〜35歳です。

どちらのサービスも、第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど就活市場において「弱者」になりやすい若年層の就活サポートをしている点が共通しています。

第二新卒とは

新卒として就職したあと、数年以内に離職して転職活動を行う人のこと。

学歴:就職Shopは不問

サービス名 学歴
就職Shop 不問
DYM就職 高卒以上

就職Shopは学歴が不問です。「学歴に自信がない」という方でも使いやすくなっています。

DYM就職は高卒以上が対象です。

どちらのエージェントも学歴が強く求められることはないので、使いやすいと言えるでしょう。

費用:どちらも無料

サービス名 費用
就職Shop 無料
DYM就職 無料

就職Shop、DYM就職どちらも利用料金はかかりません。

なぜ無料でキャリアカウンセリングなどの就活サポートを受けられるのかというと、人材紹介会社は企業から報酬をもらっているからです。

「お金を払ってでも人材が欲しい」という企業には、「人を大事に育てる」企業が多いため、結果的に俗に言う「ブラック企業」を排除することができます。

対応エリア:両者とも地方に強い

サービス名 対応エリア
就職Shop 東京
埼玉
千葉
神奈川
京都
大阪
兵庫
DYM就職 北海道
東京
名古屋
大阪
福岡

就職Shopは、東京、千葉、埼玉、横浜、京都、大阪、神戸に対応しています。関東・関西の主要都市に支店があるので、このエリアで就職活動する人にとって使いやすいエージェントです。

DYM就職は、日本5大都市(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)に拠点があります。地方大都市で就職活動をするときに便利なエージェントといえるでしょう。

カウンセリング場所:各拠点

サービス名 カウンセリング場所
就職Shop 東京
埼玉
千葉
神奈川
京都
大阪
兵庫
DYM就職 札幌
東京
名古屋
大阪
福岡

就職Shopのカウンセリング場所は、東京、千葉、埼玉、横浜、京都、大阪、神戸です。

DYM就職のカウンセリング場所は、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡です。

どちらも拠点があるところで面接をしています。

就活サポート内容:どちらもキャリアカウンセリングあり

サービス名 就活サポート
就職Shop キャリアカウンセリング
書類添削
面接対策
DYM就職 キャリアカウンセリング
書類添削
面接対策

どちらのサービスも専任のキャリアカウンセラーがつき、自分に合った道を教えてくれるキャリアカウンセリングや書類添削(履歴書・職務経歴書)、面接対策が受けられます。

職種の傾向:どちらも職種のバランスが良い

サービス名 職種の傾向
就職Shop IT、営業など
DYM就職 IT、営業など

どちらのエージェントもIT職をはじめ、営業、事務など幅広い求人を扱っています。

研修サービス:手に職をつける研修はどちらもない

サービス名 研修サービス
就職Shop
DYM就職

就職Shop, DYM就職ともに特定の職業スキルを身につける研修はありません。

内定率:DYM就職の内定率は96%

サービス名 内定率
就職Shop 非公開
DYM就職 96%

DYM就職の就職率は96%です。

既卒の内定保有率は44.0%であることを考えると(マイナビ調べ)、就職エージェントを利用すると2倍近く就活を有利に進められる(内定をもらいやすい)ことが分かります。

就職Shopは内定率を公表していません。

おわりに

就職ShopとDYM就職の比較をしてきました。

どちらのサービスを選んでも就活が有利に進められることには違いありません。

第二新卒・既卒・フリーターの方にとって就職エージェントは就活をする上で強力な味方になります。自分にあった就職エージェントを選んで、就活を上手に進めていきましょう。

第二新卒・既卒・フリーター向け就活サイト

第二新卒・既卒・フリーターとして就職活動をしたいけれど、「どんな就職サイトを使えばいいか分からない」と悩んでいませんか?

他社の10倍時間をかける個別就活サポートにより、内定率86%の実績を持つ第二新卒・既卒・フリーター向け就職サイト「ウズキャリ」をご紹介します。