第二新卒・既卒・フリーターのための履歴書の「本人希望記入欄」の書き方

履歴書にある「本人希望欄」。ザックリしていて、何を書けばよいか迷いますよね。

希望を伝えるのが失礼だからといって、「空欄」はマナー違反になってしまいます。

ここでは第二新卒・既卒・フリーターのための履歴書の「本人希望記入欄」の書き方について解説します。

スポンサーリンク

「本人希望欄」の基本マナー

原則は「貴社規定でお願いします」

本人希望欄は「貴社規定でお願いします」とするのが原則です。

つまり、こちらから条件を出さず、企業におまかせします。

空欄はNGなので注意しましょう。

相手の立場になると分かりますが、あなたが特別なスキルを持っているならともかく、他の選考者と同じレベルの場合、提示する条件が多い人の印象が下がるのはいうまでもありません。

しかし、どうしても妥協できない条件があるときは「本人希望欄」に書きます。たとえば、「家庭の事情でどうしても何時までに退社しなければならない」などがあてはまります。

希望があっても8割程度にする

ゆずれない条件があって履歴書の「本人希望欄」に記入する場合は、多くてもスペースの8割程度に収まるように簡潔に書きましょう。箇条書きでまとめると読みやすくなります。

「連絡のつかない時間帯」についても書いておこう

現職やアルバイトなどをしている場合、連絡のつかない時間帯を記入しておきましょう。

何度も連絡をもらっているのに電話に出られないと相手に手間をかけさせてしまいます。仕事をする上でのマナーとして「連絡不可の曜日や時間帯」を書いておくと親切です。

本人希望欄の記入例

現在在職中のため、下記時間帯は電話に出ることができません。

月曜日〜金曜日:9〜18時

希望条件の書き方

どうしてもあらかじめ伝える必要がある条件については以下のように書きます。

希望する職種

募集している職種が多い場合、希望職を記入します。もっとも、第二新卒・既卒・フリーターなどの中途採用は職種別採用がほとんどなので、その場合は記載する必要はありません。

本人希望欄の記入例

職種:インフラエンジニアを希望いたします。

場所・時間

基本的に勤務地や勤務時間の希望を出すことはおすすめできません。前述のように希望が多いと採用の確率が低くなってしまうからです。

しかし、どうしても必要な場合は、場所なら「首都圏」「関西」などある程度場所を広めて伝えるようにしましょう。また、詳しい事情を必ず面接で伝えましょう。

本人希望欄の記入例

勤務地:家庭の事情で遠方勤務が難しいため、首都圏を希望いたします。

入社希望日

アルバイトを含めて、現在仕事をしている場合は入社できる日を必ず確認しておきましょう。

企業としては、内定が出てから約1ヶ月で入社できる人材を希望しています(求人を出すということは人材が不足しているという意味です)。あまり先になりすぎないように注意しましょう。

本人希望欄の記入例

入社希望日:◯月◯日より勤務可能

給与について

「本人希望欄」でもっとも難しいのが「給与」です。

「給与◯円以上希望」と書かれていると、「この金額以下では採用に応じない人」ということで、マイナスの印象を持たれます。特に求人に書かれている金額以上を提示するのはNGです。

既卒で未経験など「自分の条件」を考えると、どうしても希望の給与がある場合は面接時に直接交渉してみましょう。ただし、基本的に金額の交渉は良い印象を持たれないので注意が必要です。