第二新卒・既卒・フリーターの履歴書に使う印鑑について

就職活動をする上で必要になる印鑑。最近は履歴書に印鑑を押す「押印欄」がないものも増えているため、「印鑑を押す必要はあるの?」と感じている方もいると思います。

そこで、ここでは第二新卒・既卒・フリーターの方が履歴書に使う印鑑について解説します。

スポンサーリンク

履歴書に押印欄がないものが増えている

最近は履歴書に押印欄がないもの増えています。

その理由は、1997年に総務省が発表した「押印見直しガイドライン」により、履歴書は記名のみで、押印は廃止しても良いことになったからです。

ア 押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。

(注)次のような文書は、上記に該当すると思われる。

úA 履歴書、住所変更届、廃業届等で、単に事実・状況を把握することのみ を目的としているもの

引用:押印見直しガイドライン

もう少し噛み砕いた言い方をすると、「履歴書に印鑑を押す理由はないですよね」という意味になります。これにより、現在は履歴書や職務経歴書に押印の必要がなくなりました。

押印欄がある履歴書の場合は押す

ただし、押印欄がある履歴書を選んだ場合は、必ず押印するようにしましょう。押印欄があるにもかかわらず押印をしていないと、「注意不足」という印象を持たれてしまう可能性があります。

押印欄がなくても、押印を指示された場合は押す

また、押印欄がない履歴書を使い、企業に押印を指示された場合は、自分の名前の右横に押印します。そのため、面接時には印鑑を持っておくと良いでしょう。

既卒・フリーターの面接直前の準備について

履歴書に使う印鑑の選び方

履歴書に使う印鑑は、認印(みとめいん)を使いましょう。

市区町村役場で印鑑登録をしてある「実印」(法的効力のある印鑑)や銀行に使っている「銀行印」は、個人情報流出のリスクがあるため控えます。

文具店や100円ショップで売られている三文判(朱肉に付けるタイプの印鑑)を選びましょう。

ただし、いわゆる「シャチハタ」と呼ばれる「朱肉を使わないゴムのハンコ」はマナー違反です。シャチハタなどのゴム製のハンコは、経年により印影が劣化してしまうのが理由です。

一口メモ

シャチハタとは「シヤチハタ株式会社」(愛知県)という会社の社名です。

履歴書に使う朱肉の選び方

朱肉は印鑑に付属していることも多くあります。

もし、付属していない場合は別途購入しましょう。100円ショップなどで売られている安い速乾性のタイプはインクがすぐに乾き、かすれの原因になるので注意が必要です。

できればインクを交換できるタイプのものが望ましいですが、「そこまで用意するのはちょっと…」という方は文具店などで売られているものを選びましょう(画像参照)。

一口メモ

営業で働くという人は良い朱肉を持っていると入社後も役立ちます。

きれいに押印するコツ

履歴書を書く前に押す

せっかくきれいに履歴書が書けたのに印鑑が上手く押せないと台無しになってしまいます。

そのため、まず印鑑を押してから履歴書の内容を書くようにしましょう。そうすれば初期の段階で失敗が分かるので、やり直しの手間が省けます。

パソコンやスマホで履歴書を書いて印刷する場合は、最後に押印しましょう。手書きでなければ、もし押印を失敗してしまっても書き直す必要はありません。

押印するときは平らな場所を選ぶ

押印するときは、面に凸凹のない平らな場所を選びましょう。

また、履歴書の下に「捺印マット」(100円ショップで売られています)を敷くと、適度な弾力を持って押印できます。

印鑑の汚れも要確認

場所だけでなく印鑑の印面も確認しましょう。

印鑑の溝にインクが詰まっていたりすると、きれいに文字が出ません。ティッシュペーパーなどを使って、印面をキレイにしておきましょう。

「の」の字を意識して押す

印鑑は朱肉に押し付けず(インク詰まりや汚れの原因になります)、軽く叩くように付けます。

押印時は、印鑑の向きを確認して、ひらがなの「の」の字を意識しながら重心を移動させて押しましょう。上下左右を意識するとかすれが出ません。

もし、押印が難しければ、何度か練習して本番に臨みましょう。

押印に失敗したら…

押印に失敗(ふちが欠ける・かすれる)してももう一度押すのはマナー違反です。

それだけで履歴書の印象が悪くなり、採用に悪影響を与えます。

もし押印に失敗してしまった場合はもう一度やり直しましょう。

斜めになってしまったら…

押印はまっすぐ押すようにします。

多少斜めになっている分には問題ありません。ただし、90度ズレている、真逆になっているなどの場合は印象が良くないので、新しい履歴書に押印し直しましょう。

印鑑について理解を深めて就職活動を乗り切ってください。