第二新卒・既卒・フリーターの履歴書「職歴欄」のアルバイト歴の書き方(サンプルあり)

正社員経験がない既卒の方やパート・アルバイトしかやったことがないフリーターの方は、履歴書を書くとき「職歴」に困りますよね。

結論から書くと、職歴欄にはアルバイト歴を書いて問題ありません。

ここでは第二新卒・既卒・フリーターのための履歴書に書くアルバイト歴の書き方を解説します。

スポンサーリンク

職歴にはアルバイト経歴を書く

新卒の場合、職歴が空白でも問題ありません。

また、第二新卒の方も「短期離職」でこそありますが、職歴はあります。

しかし、卒業してから時間が経っている既卒やフリーターの方の場合、履歴書の職歴欄が空白になってしまうと、あまり印象が良くありません。

そこで、アルバイトを経験したことがある方はアルバイト歴を書きましょう。

履歴書の目的は「業務経験を確認すること」なので、それがアルバイトのことでも問題ありません(就職エージェントに確認したときもそのように話していました)。

アルバイト歴の書き方

それではアルバイト歴の書き方サンプルを紹介します。

アルバイト職歴の書き方

  • 平成◯年◯月 ◯◯株式会社 入社(アルバイト)
  • 平成◯年◯月 一身上の都合により退職
  • 現在に至る

履歴書を通して和暦と西暦を統一します(サンプルでは和暦を使用)

会社名は正式名称で記入します。

複数のアルバイト経験がある場合は、下の行に同じように記入します。

退社したときは「入社(アルバイト)」の次の行に「一身上の都合により退職」と書きます。入社時に社名を書いているため、退職時に社名を書く必要はありません。

これはやめよう!デメリットにあるアルバイト歴の書き方

履歴書にたくさんのことが書きたいからといって、「たくさんのアルバイトを書いた方が良い」と考える人もいるかもしれませんが、職歴は多く書いてあるからといって良いわけではありません

たくさんのアルバイト歴はデメリットになる可能性もあります。

採用側にとったら「すぐ仕事を辞めてしまうかもしれない…」と思われてしまうからです。

その場合、「短期間で離職したもの」「重要ではない」と思ったもの、「応募職種に関係がないもの」に関してはアルバイト歴を書かなくても問題ありません。

そして、限られた職歴の中で「自分がどのように働いてきたのか」「どのようなことを評価されたのか」などでしっかりとアピールできるようにしましょう。

これは短期離職してしまった第二新卒の方も同じです。職歴から「自分がどのように働いてきたか」「どのようなことを反省して、次はどのように頑張りたいか」をアピールしましょう。

アルバイト歴は必ず書く必要があるわけではない

前述のように、アルバイト歴は必ず書く必要があるわけではありません。選ぶ際は、勤務期間が半年以上のものなどアルバイト歴が長いものを選ぶのもよいでしょう。

既卒やフリーターの方など、学校を卒業後にしばらく時間が経っている人は「仕事はしていないの?」と聞かれることがほとんどです。

その場合、「就きたい仕事について学んでいる」などの答えを用意しておく必要があります。面接では採用官に「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらうことが重要になるからです。

履歴書にアルバイト歴を書くときのまとめ

履歴書にアルバイト歴を書くときに注意しておきたいことをまとめました。

  • 履歴書の年号は和暦と西暦を統一する
  • 会社名は正式名称で記入する
  • 時系列で記入する
  • アルバイト歴が多い場合は半年以上のものなど、勤務期間が長いものを書く
  • 最後は「現在に至る」と書く

履歴書の書き方が不安な人は、プロの就職エージェントに添削してもらおう!

第二新卒・既卒・フリーターの方が履歴書に書くアルバイト歴について解説しました。

「自分で書いてみたけど不安…」という方は、プロの就職エージェントを活用するのもオススメです。彼らは多くの第二新卒・既卒・フリーターを見てきているプロのため、「どのように履歴書を書けばその企業に刺さるか」を熟知しています。

ウズキャリやハタラクティブなどの就職エージェントはどれも無料で利用できるので、ひとりでは不安な方は積極的にサービスを活用して就職活動に臨みましょう。