第二新卒・既卒・フリーターが就職したときの給料事情

「第二新卒・既卒・フリーターになるとお給料ってすごく下がるの?」

「そもそも20代ってどのくらいお給料もらえるの?」

第二新卒・既卒・フリーターとして就職する前にこんなことに悩んでいませんか? 就職をする上で業務内容と同じくらいきちんと把握しておきたいのがお金のことですよね。

結論から書くと、第二新卒・既卒・フリーターから中途採用で就職しても、新卒の人とお給料に大差はないので安心しましょう。

ここでは第二新卒・既卒・フリーターのためのお給料事情について解説します。

20代の平均給与を見る

民間給与実態統計調査

まず、20代の平均給与を見てみましょう。

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」(平成28年/2016年分)によると、20代の平均給与は以下のようになっています。

  • 20代前半(20〜24歳):241万円
  • 20代後半(25〜29歳):309万円

単純に平均を出すと、20代の平均給与は275万円ということになります。

「年齢が重ねると給与が上がる」というより、勤続して経験を積むことで「できる仕事の幅」が増え(スキルが上がり)、結果的に「給与が上がる」と考えるのが正しいでしょう。

一方、日本の平均給与は422万円です。このことからも、20代のうちはできることが少ないため、「上の世代と比べると給与が少ない」ことが分かります。

参考までに、年齢階層別で平均給与がピークに達するのは50〜54歳の661万円でした。この年齢層だと企業の管理職になる人も多く、平均給与が大きく上がっているのが分かります。

男女別の平均給与の差:男性の方が高い

平均給与は「年齢階層」だけでなく、男女の「性別」によっても異なります。

平均給与は、どちらも男性が上回っています。

20代前半(20〜24歳)

  • 男:275万円
  • 女:258万円

男女の差、17万円。

20代後半(25〜29歳)

  • 男:383万円
  • 女:351万円

男女の差、32万円

男女の給与に差がある理由

男女の給与の差がある理由のひとつは「雇用形態」です。女性は男性と比べて非正規雇用(パート・アルバイトなど)が多いため、平均給与が低くなります。

もうひとつの理由が「昇進」です。グラフを見ると分かるように、男性と比べて女性は年齢階層別の山が穏やかなのが分かります。これは男性の多くが昇進を目指すのに対して(いわゆる「出世欲」が強い)、女性の多くは昇進を望まないためです。

女性が昇進を望まない(望みにくい)のは、男性と比べて「結婚・出産」といったライフステージによる影響が大きいことも考えられます。

もっとも、これはあくまで今までの平均です。最近は女性の社会進出も増えてきているので、今後は徐々に性別による給与差が少なくなってくるでしょう。

業種ごとの平均給与の差:電気・ガス・水道業がトップ

今度は業種ごとの平均給与の差を見てみましょう(高い順に並べています)。

  • 電気・ガス・熱供給・水道業:769万円
  • 金融業・保険業:626万円
  • 情報通信業:575万円
  • 学術研究・専門・技術サービス業:503万円
  • 製造業:493万円
  • 建設業:473万円
  • 不動産業・物品賃貸業:441万円
  • 運輸業・郵便業:423万円
  • 複合サービス事業:422万円(←全体平均)
  • 医療・福祉:389万円
  • 卸売業・小売業:364万円
  • サービス業:341万円
  • 農林水産・鉱業:294万円
  • 宿泊業・飲食サービス業:234万円

もっとも高いのは、「電気・ガス・熱供給・水道業」といったインフラの769万円です。

また、安いのは宿泊業・飲食サービス業の234万円でした。

職種ごとの平均給与:ITエンジニアが強い

続いて、職種ごとの平均給与を見てみましょう。

マイナビ転職の「職種別モデル年収平均ランキング2017」によると、職種ごとのモデル年収平均の上位は以下のようになっています。

  • システムアナリスト:1,100万円
  • システムエンジニア(アプリ設計/汎用機系):964万円
  • コンサルタント(生産・物流):915万円
  • 不動産営業:870万円
  • コンサルタント(経営戦略):836万円
  • システムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/汎用機系):796万円
  • 臨床開発モニター(CRA):769万円
  • 営業・企画営業(個人向け):769万円
  • 用地仕入:744万円

ITエンジニアとコンサルタント関連がほぼ独占していることが分かります。

「新卒」と「既卒」の給与の違いはほとんどない

「新卒」と「既卒」では給与はどのくらい違うか心配している人もいると思います。

冒頭にも書いたように、基本的に新卒と既卒では給与に違いはありません。

ただ、同じ年齢でも新卒で入社した人の方が既卒であとに入社した人より経験が多いため、経験の差から給与に差が生じることはあります(これはいくらでも挽回できます)。

「第二新卒・既卒・フリーターだから不利」ということはないので、安心して就職活動に臨みましょう。

【PR】リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

既卒フリーターは就職できない?もっとも理想の就活方法を徹底解説します

学歴による平均給与の差:生涯賃金に4,000万円の差が出る

一方、「学歴」による平均給与の差はあります。

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、以下のようになります。

男性(20〜24歳)

  • 大学・大学院卒:226万円
  • 高専・短大卒:203万円
  • 高卒:198万円

男性(25〜29歳)

  • 大学・大学院卒:261万円
  • 高専・短大卒:235万円
  • 高卒:226万円

女性(20〜24歳)

  • 大学・大学院卒:216万円
  • 高専・短大卒:199万円
  • 高卒:180万円

女性(25〜29歳)

  • 大学・大学院卒:243万円
  • 高専・短大卒:222万円
  • 高卒:192万円

生涯賃金は大きく変わる

全年齢の平均を見ると、大卒の平均給与は399万円(女性は288万円)、高卒の平均給与は288万円(女性は208万円)でした。

1年間で約100万円(女性は80万円)、約40年間勤務すると考えると、生涯賃金で学歴によって4,000万円(女性は3,200万円)の差が生まれることが分かります。

ただし、これはあくまで平均です。勤める企業によっても異なりますし、職種によっても大きく変わります。自分の属性(学歴)の平均が低いからといって後ろめたく思う必要はありません。

年収と月給はどちらを気にすればよい?

ここまでさまざまな属性ごとの年収を見てきました。

「年収は分かったけど、1ヶ月にどのくらいもらえるの?」

このように感じる方も多いと思います。

給料を知るときに、チェックすべてきは「月収」ではなく「年収」です。なぜなら「賞与(ボーナス)」や「決算賞与」は月収とは別に支払われるため、月収には含まれないためです。

決算賞与とは

年2回の賞与とは別に、決算時の企業の業績が良かった場合に、利益を従業員に還元すること。

たとえば、Aさんは月収20万円、ボーナスは年に4ヶ月分支払われるとします。この場合、Aさんの年収は(20万円×12ヶ月分)+(20万円×4ヶ月分)=320万円になります。

一方、Bさんは月収20万円、ボーナスは年に0.5ヶ月分支払われるとします。この場合、Bさんの年収は(20万円×12ヶ月分)+(20万円×0.5ヶ月分)=250万円になります。

月収が同じでも、年収に70万円の差が生まれました。

このようにお給料を見るときは月収ではなく、「年収」をチェックするようにしましょう。

年収が高いと「勝ち組」?

あまり良い言葉とはいえませんが、ここでは敢えて「勝ち組」という言葉を選びました。

就職をする上で年収はひとつの重要な指標になります。

しかし、年収が高い=良い人生と言えるでしょうか。

答えはノーです。

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンの研究によると、「年収75,000ドル(約750万円)までは幸福度が上がりますが、それ以上は幸福度に変化がない」ことが分かりました。

生活をする以上、ある程度のお金は必要になりますが、仕事を年収で決めるのは早いのかもしれません。もし、就職をするときに年収中心で考えてしまいそうなときは思い出しましょう。

就職後は自己投資も考えてみよう

就職をしたら終了でありません。

むしろ、仕事をはじめてからこそ社会人の一歩がはじまったとも言えます。

その後に活躍できるかできないかはあなたの努力次第です。

そこで、就職が決まったあとも積極的に自己投資をしてみましょう。

お給料を切り詰めて貯金をするのも良いことですが、その内の一部を読書や勉強会といった自己投資にあてれば、長い目ではより多くのスキルを得ることができます。

そして、得たスキルを生かすことで平均以上のお給料を得られるようになるのです。

ぜひ、これから就職活動をするときに自己投資も視野に入れて行動してみましょう!

【PR】リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

第二新卒・既卒・フリーター向け就活サイト

第二新卒・既卒・フリーターとして就職活動をしたいけれど、「どんな就職サイトを使えばいいか分からない」と悩んでいませんか?

他社の10倍時間をかける個別就活サポートにより、内定率86%の実績を持つ第二新卒・既卒・フリーター向け就職サイト「ウズキャリ」をご紹介します。