第二新卒・既卒・フリーターの就活ニュース(10/22〜10/28)

第二新卒・既卒・フリーターの就活ニュース(10/22〜10/28)

第二新卒・既卒・フリーターの方が知っておきたい今週の就活ニュースをまとめました。

「今、就職・転職市場がどのようになっているのか」を把握しておきましょう。

たままま

この間、レバレジーズさんで話を聞いてきたのですが、ハタラクティブの勢いがスゴいですね。当サイトでも要注目しています。

スポンサーリンク

LINEで転職情報を紹介「LINEキャリア」

LINEが人材サービス大手のエン・ジャパンと転職求人情報サービス「LINEキャリア」を始めました。日本人にとってもはやインフラレベルのLINEなので、興味津々です。

ただ、LINE Payなどを見るとそれほど普及している感はないので、競合他社がどのようにLINEを意識して出てくるか注目したいところ(リクルートなど)。

2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

マイナビが「2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」を発表しました。

当サイトでもマイナビさんのデータはしばしば参考にさせていただいています。

全体としては、「就職できるけど(求人が多い)、短期間で離職する第二新卒が増えている」という流れができているようです。

売り手市場で就職しやすいけど、相性は別問題というところでしょうか。一度や二度、失敗したっていつでもやり直せるということを覚えておくのは大切だと思いますよ!

転職の今がわかる、66の質問:転職理由編

こちらもマイナビのニュース。全6回の連載の1回目とのことです。

転職の決め手、転職に求めることは「労働時間や休日などの労働条件」をあげる人が多くいました。たしかにここが基本ですからね…。

富士通、5,000人を配置換え、間接部門を営業職やシステムエンジニアに

富士通が、2020年までに5,000人の配置転換を行うことを発表しました。

総務や経理など間接部門の人を対象に、研修をして営業職やシステムエンジニアにするというものです。これ聞いたとき、けっこう無謀だなと思ったのですがどうでしょうか…。

厚生労働省が「大卒・高卒の就職後3年以内の離職状況」を発表

厚生労働省が「大卒・高卒の就職後3年以内の離職状況」を発表しました。

大卒者の3割、高卒者の4割が3年以内に離職していることがわかりました。このあたりは以前のデータと変わりません。

離職することは全然恥ずかしいことではないので、「失敗したな」と思ったら、自分の失敗を認めた上で仕事を辞める選択をして良いと思っています。

20代の方が思っているよりずっと、いつだって自分を変えることはできるものです。自分の可能性を決めるのは自分次第だと思って、進んでいきましょう。