第二新卒・既卒・フリーターの就活ニュース(4/2〜4/8)

第二新卒・既卒・フリーターの方が知っておきたい今週の就活ニュースをまとめました。

「今、就職・転職市場がどのようになっているのか」を把握しておきましょう。

稼げるIT資格、上位12位は年収10万ドルを超える

米グローバルナレッジが、「15 Top-Paying Certifications for 2018(稼げる認定資格 Top15 2018年版)」を発表しました。

結果を見ると「12位までの年収が10万ドルを超える」ことが分かります。ほかにも「セキュリティ分野の資格が大きく伸びていること」なども書かれています。

仕事の価値は需給バランスで決まります。需要に対して人が少ない分野の勉強をするというのも、年収を高くする方法として良いのかもしれません。

就職先が「ブラック企業」だと気付いたあなたへ

文春オンラインに掲載された吉川ばんびさんの記事です。恐縮ながらご本人に「いいね」をいただきました(笑)。

ブラック企業に入ってしまったらすぐに辞めてしまいましょう。「第二新卒になったら就職先がない」ということは絶対にありません。

一斉に入社式で「働き方改革」訴える

ニュース自体は悪くないと思うのですが、どの企業も一斉に横並びで入社式をしておいて、「働き方改革をしよう」というのが、皮肉だと思ってしまいました…。

IT人材の争奪戦が加速する、年収1億円も

IT人材の争奪戦が加速しています。中でも「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイが、AIや機械学習に秀でた人を年収1億円で採用するというニュースが話題になりました。

スタートトゥデイの前澤友作さんは、美術品などもそうですが、こうやって話題性を上手に活用する経営者のひとりだと思います。

本筋と逸れてしまいましたが、IT分野はそれだけ需要が高まっています。いきなりAIや機械学習など難しいところからはじめなくても、ITの勉強をはじめるというのはおすすめです。

IT人材不足の有効策

個人的に「冗長で読みにくい」と思ってしまった記事でした。ただ、分かったのは「給料が安いから人が集まらない」ということ。Twitter上で「いいね」をいくつかいただけました。

中国5県の人材不足が強まる

中国5県(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)の人材不足が強まるという記事です。

今は東京を中心にした首都圏に人口が集中しています。そこで仕事が見つからないという方は、こういう「供給が少ない場所を選ぶ」というのもひとつの戦略です。

介護職の月給が12,200円上がる

賛否はあるかもしれませんが、月給が12,200円上がるということは、1日あたり約500円上がったということです。労働力を考えるとちょっと切ない気がしてしまったのは私だけでしょうか。

LINEで転職「LINEキャリア」今夏公開

LINEでアルバイトを探せる「LINEバイト」に続き、LINEで転職できる「LINE転職」が2018年の夏に発表されるようです。日本のLINEインフラは本当にすごいですね。

ウズキャリやハタラクティブなど、20代の就職エージェントの動向が気になります。

賃金格差レポート、女性の賃金は男性より4%低いほか

度々話題になる、賃金格差レポートです。記事では「同じ企業の同じ職に対して女性の賃金は男性より4%低い」などがあげられています(他には民族など)。

世界を見ると、まだまだ男女平等というのは程遠いのかもしれません。

就職したくない業種1位は「小売・外食」

「就職したい企業・業種ランキング」の調査結果です。就職したくない業種の1位は「小売・外食」でした。たしかに、世間的に「長時間労働」「ブラック」という印象がありますよね。

ただ、年収が「500万円以上600万円未満」を求めるというのは、「普通」のスキルを持った新卒の人には、少し理想が高すぎる気もします(理想だから仕方ありませんが)。

19卒就職人気ランキングの1位は全日本空輸(ANA)

「楽天みん就」が実施した「19年卒就職人気企業ランキング」の結果、1位は全日本空輸(ANA)でした。学生だとどうしてもBtoCサービスが人気になってしまいますよね…。

岩手県内の就職率伸び悩む

岩手県内の就職率が伸び悩むというニュースです。先ほど、中国5県もそうでしたが、地方部は都市部に比べて人材不足が深刻になっています。

もし、今「第二新卒・既卒・フリーターで就職活動が上手くいかない」と悩んでいる方は、これらの供給が少ない地方に移住してしまうというのも良いでしょう。

第二新卒・既卒・フリーター向け就活サイト

第二新卒・既卒・フリーターとして就職活動をしたいけれど、「どんな就職サイトを使えばいいか分からない」と悩んでいませんか?

他社の10倍時間をかける個別就活サポートにより、内定率86%の実績を持つ第二新卒・既卒・フリーター向け就職サイト「ウズキャリ」をご紹介します。