第二新卒・既卒・フリーターの就活ニュース(3/26〜4/1)

第二新卒・既卒・フリーターの方が知っておきたい今週の就活ニュースをまとめました。

「今、就職・転職市場がどのようになっているのか」を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

ITエンジニアの転職先業界

ITエンジニアの転職先の業界についてのニュースです。

記事によると、2017年に異業種に転職したITエンジニアの数は、2009年の2.68倍にもなるそうです。つまり、それだけITエンジニアの需要が高い(引っ張りだこ)ということになります。

転職先で特に多いのが、自動車業界。これは自動車業界が自動運転に力を入れているからですね。ITエンジニアになれば、「当面仕事に困ることはない」ということが分かる記事でした。

転職の理由・きっかけの調査結果

「転職の理由・きっかけ」のアンケート調査結果についてのニュースです。

この記事の面白いところは、「年収1,000万円未満」と「年収1,000万円以上」のユーザに分けて、いるところです。

年収1,000万円未満の方だと、

・会社の考え・風土が合わない:32%
・会社の将来に不安がある:28%
・職場の人間関係がよくない、上司や同僚と合わない:25%

といったように「合わない」「不安」のようにネガティブな理由が上位を占めるのに対して、年収1,000万円以上だと、「自分の能力を試したい」というポジティブな理由が上位になります。

1都3県とそれ以外で転職した人の理由

こちらも転職に関する調査結果のニュースです。

ここでは、「1都3県に引っ越して転職した人」と「1都3県以外に引っ越して転職した人」を比較しています(1都3県は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県です)。

1都3県に引っ越して転職した人は、勤務時間、休日、年収など「短期的なもの」を選ぶ傾向があります。

一方、1都3県以外に引っ越して転職した人は、自身のキャリアや成長、会社の成長など、「長期的な将来性」をもとに選んでいることが分かります。

すべて長期的なものが良いというわけではありませんが、短期的な目線でしか物事を見ていない場合は、「今後のこと」というのを視野に入れて就職活動をするのも良いのかもしれません。