就職カレッジ(旧:営業カレッジ)の説明会と研修の流れを徹底解説

「就職カレッジを利用するのに説明会や研修の流れを知りたい…」

株式会ジェイックが運営する研修サービス「就職カレッジ」(旧:営業カレッジ)を利用する前に説明会や研修の流れを知っておきたい方も多いと思います。

なかにはインターネットで「ジェイックの研修はキツい…」という一昔前の情報を見て不安になっている方もいるかもしれません(←今はそんなことありません)

そこで、ここではジェイックの「就職カレッジ」の説明会と研修の流れが全部わかるように丁寧に解説します。

たままま
ジェイックの担当者さんにお話を伺ってきました。

就職カレッジの説明会の流れ

ジェイック(JAIC)の就職カレッジ(旧:営業カレッジ)は、次の流れになります。

  1. 無料登録
  2. 電話ヒアリング
  3. サービス説明会に参加する
  4. 個別面談
  5. 講義・研修(7日間)
  6. 面接会
  7. 個別面接

「就職カレッジ」と呼ばれるのは「5」の講義・研修の部分です。

最初に、講義・研修がはじまる「1〜4」までの流れについて解説します。

無料登録

ジェイックの公式サイトから登録します(登録は30秒で完了します)。

電話ヒアリング

登録が完了すると、ジェイックのCS(カスタマーサポート)から電話がかかってきます。ここで、かんたんな「ヒアリング」やサービス説明会の参加方法について説明があります。

サービス説明会に参加する

「就職カレッジ」の「サービス説明会」に参加します。ここで「就職カレッジ」の講義や研修の流れ、面接会などについての説明を受けます。

サービス説明会は、企業の採用面接ではないため、私服でかまいません。

個別面談

サービス説明会のあと、もしくは別日に就職アドバイザーとの「個別面談」があります。ここではあなたの就職活動の悩みからどのように就職活動を進めていくのが良いかを一緒に話し合います。

ここまでが「就職カレッジ」がはじまるまでの流れになります。以降、7日間の講義・研修がはじまります。

就職カレッジの研修の流れ

続いて、講義・研修の部分にあたる「5〜7」の流れについて解説します。

講義・研修(7日間)

「就職カレッジ」は講義・研修による7日間のプログラムです。ジェイック(JAIC)の研修は「認定講師資格」を持った講師が担当します(就職アドバイザーとは別です)。

1日のスケジュールは9時〜17時なので多少ハードに感じるかもしれませんが、就職するとこれが毎日のスケジュールになるので、慣れるように頑張ってみましょう。

「就職カレッジ」では、座学のほか、グループで「街頭調査」をする実習も含まれます。この部分が「飛び込み営業」という噂がネット上にありますが、それは過去の話です。

以前は「飛び込み営業できる根性がある」「1日400件テレアポできる」といった能力が企業から求められていたため、飛び込み営業がカリキュラムに含まれていました。

しかし、現在は「飛び込み営業を求める企業が少ないこと」「飛び込み営業をやりたくない若者が増えている」という理由から、「街頭調査」になっています。

面接会

7日間の研修を終えると、面接会に参加できます。面接会は2日間開催されます。1日15社が参加し、計30社と書類審査なしの面接ができます。

ジェイック(JAIC)の求人の職種は、約6割が営業職です。残りの4割がエンジニア職、事務職、販売職などがあります。

面接会では、求職者(あなた)と企業がマッチングシートに互いに「◎・◯・☓」をつけます。どちらか一方に「☓」がなければ、個別の採用面接に進みます。

個別面接

個別面接は企業によって異なりますが、大体の場合、1回〜2回の面接になります。個別面接を通過すると、内定がもらえます。

ジェイックは就職前だけでなく、入社後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月のタイミングで「活躍支援研修」が受けられます。これによって入社後も安心して働けるようになっています。

ジェイック(JAIC)の研修内容や期間・時間・スケジュールが全部わかるように徹底解説

2019年2月14日

おわりに

ジェイック(JAIC)の「就職カレッジ」の説明会と研修の流れについて紹介しました。

ジェイックは、第二新卒・既卒・フリーター向けの就職エージェントの中で、特に研修サービスが充実しているサービスです(無料で利用できます)。

「社会に出てから役立つスキルを身につけたい」「就職活動に役立つスキルを学びたい」という方はジェイックの「就職カレッジ」を利用して就職活動を進めてみましょう。

あなたが第二新卒・既卒・フリーターから正社員就職を成功させるのを応援しています。