就活を成功させるためのノウハウを紹介

第二新卒・既卒・フリーターのための面接対策「自己PR」(例文あり)

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA

第二新卒・既卒・フリーターの面接は,新卒のときと同じように「自己PR」を聞かれます。自己PRは自分の良さを相手に伝える重要な機会なので,あなたの良さを最大限に面接官に伝える必要があります。

ただ,第二新卒や既卒になると,新卒のときと違って「前職を辞めた理由」「空白の期間」が気になるなど,「どのように自己PRをすればよいか分からない」という方も多いと思います。

そこで,ここでは第二新卒・既卒・フリーターが面接で伝えるべき自己PRについて解説します。

自己PRをする目的を考えよう

そもそも「自己PRをする目的」とはなんなのでしょうか。

就職活動で自己PRをする目的は,「あなたがどのような人物であるか」「あなたを雇うメリット」を採用担当者に伝えることです。

企業は新人を採用するために50万円のコストをかけている

企業は新人を採用するために1人あたり約50万円のコストをかけています。そのため,企業は将来的に採用コストに見合った,それ以上の働きをしてくれる人を採用することを望んでいます。

自己PRは「自分の好きなこと」「自分が努力してきたこと」を伝えるだけでなく,自分を雇うことによって企業にどのような利益があるかを伝える必要があるのです。

採用担当者は自己PRによって,自社に合っているか,長く働いてくれるかを判断しています。どんなに優秀な人でも会社に合わず短期間で辞められてしまっては,採用にかけたコストがムダになってしまうからです。

自己PRは「相手(企業)にどのようなメリットがあるか」を伝えることも意識してみましょう。

第二新卒・既卒・フリーターのための面接対策「志望動機」

自己PRを作る基本的な考え方

自己PRを作る基本的な考え方には,まずは自分を知る「自己分析」,そして相手を知る「企業研究」の2つがあります。

自己分析

自己PRを作る上でまず最初に必要なのが「自己分析」です。

自分のこれまでの経験からアピールするのが分かりやすいため,自己PRには過去の話を盛り込むようにしましょう(具体的な方法は後述します)。

企業研究

自己PRを作る上でもうひとつ重要なのが「企業研究」です。

自分のやりたいことが分かっていても,企業が目指している方向や社風など相手のことをよく知らないと,たとえ入社できたとしてもミスマッチが発生します。

自己PRを作るときは,事前に選考を受ける企業のウェブサイトや関連人物の書籍を読むなど企業研究をして,どのような人物像が求められているかを把握しておきましょう。

ただし,相手に合わせるのが大切だからといってウソを付くのはよくありません。自分にウソを付いて就職したとしても,社員と上手く付き合えず離職してしまうのが目に見えています。

自己PRはエピソードと一緒にすると説得力が生まれる

それでは具体的な自己PRを考えていきましょう。

自己PRはエピソードと一緒にすると説得力が生まれます。

たとえば,「私には人には負けない行動力があります…」と言っても,相手は「えっ…?」となってしまいますよね。具体例(エピソード)がない話は説得力がないのです。

そこでこのようにエピソードを盛り込んで話してみるのをオススメします。

自己PRのサンプル

私は行動力があります。行動力があるエピソードとして,前社の営業で1番の成績を出した経験があります。

営業の成約率は決して高くなかったのですが,「まずは行動することが大切」と考え,どんどん営業をしていきました。その結果,1番の成績を上げることができました。

このように具体的なエピソードを盛り込むことで話に信憑性が生まれ,相手もあなたがどのような人物像なのか想像しやすくなります。

また,もし,就職経験がない方(既卒など)は,学生時代の部活動やアルバイト先のエピソードを盛り込んでみるのも良いでしょう。

このように「自分は◯◯ができる」だけでなく,具体的なエピソードと一緒に語ることで,自己PRの説得力を格段に上げることができるようになります。

「空白期間」が長いときは,学生時代の話は避ける

既卒やフリーターの場合,就職活動をするまでの空白期間が長い場合があります。

1, 2年の場合は自己PRに学生時代の話をするのは良いでしょう。

しかし,それ以上長い空白期間がある場合は学生時代の話は避けるのが無難です。

なぜなら,学校を卒業後しばらく期間が空いているにもかかわらず,自己PRに学生時代の話をすると,「この人は学生時代の他に話すことがないの?」と思われてしまうからです。

もし,3年以上空白期間がある場合は,学校を卒業したあとに行ったインターンやワーキングホリデー,またアルバイトをしているときのエピソード(経験)を使って自己PRをしてみましょう。

企業にとって「自分の長所がどのように役立つか?」を伝える

前述のように,自己PRは「自分が何ができるか」を伝えるだけでなく,企業にとって「自分の長所がどのように役立つか?」を伝える必要があります。

先ほどの「行動力がある」例文を元に考えてみましょう。

自己PRのサンプル

御社の営業では,できるだけ多くのお客様にアプローチすることが必要になると存じます。営業で培った行動力を活かし,失敗に負けず多くのお客様にアプローチし,売上を上げることに貢献したいと考えております。

このように「相手の業務では◯◯が求められる」「自分の能力が◯◯に活かせる」という関連性をもたせることで,相手(採用担当者)にあなたの活躍をイメージしてもらえるようになります。

また,企業にとって「どのように役立つか?」を考えるには,企業研究が必要になります。必ず面接を受ける企業のウェブサイトや関連書籍をチェックしておくようにしましょう。

自己PRを90秒以内でまとめる

自己PRは「自分の能力をアピールできる場」のため,ついつい話が長くなりがちです。

一般的に「人が話を集中して聴けるのは90秒ほど」と言われます。その長さを目安に自己PRをまとめられるようにしましょう。

また,「話が長い」のは「コミュニケーション能力が低い」と思われる危険もあります。自己PRが長くなりがちな人は短くコンパクトにまとめるように心がけましょう。

自己PRが心配な人は就職エージェントを利用するのもオススメ

面接の自己PRは練習をすれば誰もができるようになります。

ただし,「今の自分ができているのだろうか」と不安になる方も多いと思います。また,インターネット上にあるサンプル例文の使い回しだけで相手に見抜かれてしまっては本末転倒です。

自己PR作りが心配な場合はプロの就職エージェントを活用するのもオススメです。

多くの既卒の就職活動を見てきたプロなら,ひとりひとりに合わせた面接時の自己PRの作成の強力なパートナーになってくれるでしょう。

また,今までの自分の経歴から思わぬ適正が見つかることもあります。

当サイトで紹介している就活サイトはどれも無料で利用できます。ひとりでは心配なときは,ぜひ就活サイトを利用してみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA