第二新卒・既卒・フリーターが地方(地元)で就職する方法【完全まとめ】

「地方(地元)で就職したいけど、どうしたらいいか分からない」そう悩んでいませんか?

地方就職は都会での就職と異なり情報が少なく困りますよね。

ここでは第二新卒・既卒・フリーターが地方で就職する方法を徹底的に解説します。

スポンサーリンク

地方で就職するパターン

まず、「地方で就職する」というパターンを4つに分類します。

Uターン

Uターン就職とは、地方で生まれ育った人が、都心の大学に進学し、大学卒業後に地元に戻って就職することを指します。

また、地元の大学卒業後に都心で就職し、転職をきっかけに地元に戻ることは「Uターン転職」と呼ばれます。

Uターン

地方→都心→地方就職(転職)

Iターン

Iターン就職とは、都会で生まれ育った人が地方で就職することを指します。

都会で就職後、地方に転職することは「Iターン転職」と呼ばれます。

Iターン

都心→地方就職(転職)

Jターン

Jターン就職とは、地方で生まれ育った人が、都心の大学に進学し、大学卒業後に「別の地方」で就職することを指します。

また、都会で就職後、別の地方に転職することは「Jターン転職」と呼ばれます。

Jターン

地方→都心→別の地方就職(転職)

例:青森で育つ→東京に進学→仙台で就職

地元で就職する

そして、地元で生まれ育ち、そのまま地元で就職する場合も「地方就職」になります。

たとえば、仙台で生まれた方が地元の大学に進学し、そのまま仙台の企業に就職するというパターンが当てはまります。

Uターン/Iターン/Jターン就職が増えている理由

最近はUターン/Iターン/Jターンといった地方就職が増えています。

これには大きく2つの理由があげられます。

  • 都会暮らしに疲れた
  • 企業が地方就職に積極的

それぞれ詳しく見ていきましょう。

都会暮らしに疲れた…

若者の多くは「都会暮らし」に憧れて上京してきます。

しかし、みんながみんな都会暮らしの生活になじめるわけではありません。「人の多さ」や「世の中の速度」「希薄なコミュニケーション」といったものに疲れてしまう人もいるでしょう。

そういう都会の生活に疲れた人は、「自分の生まれ故郷に帰って就職したい」と考えます。

また、Iターンなどが顕著ですが、「今は都会に住んでいるけど、田舎暮らしに憧れて地方就職した」という若者も増えてきています。

企業が地方就職に積極的

もうひとつの理由に「企業が地方就職に積極的」であることがあげられます。

都心部に人口が集中していることもあり(東京は約1000万人が住んでいます)、地方の中小企業は人が集まりにくくなっています。

そこで、企業は都会に出ていった人を呼び戻す動きをはじめました。Uターンの場合は生まれ育った場所ということで、移住に抵抗がある人は少なくなります。

地方や田舎に住んでいる既卒・フリーターの就職活動方法

2017.12.04

地方就職のメリット

それでは、地方就職のメリットを見てみましょう。

自分に合った生活スタイルができる

地方就職のメリットのひとつは「自分にあった生活スタイルができる」ことです。

マイナビが実施した「Uターン転職に関する実態調査」では、「Uターン転職をしたい理由」の1位に「自分に合った生活スタイルや趣味を生かした生活がしたいから」があげられています。

都会の忙しい生活より、地方のゆったりしたリズムの生活が合っている方は、地方就職を考えるのもよいでしょう。

生活コストが低い

都道府県別消費者物価地域差指数

2つめに「生活コストが低い」ことがあげられます。

統計局が発表している小売物価統計調査を見ると、都心部の生活コストが高いことがわかります。もっとも高い東京都と安い地方では10%近い物価の差が見られます。

参考:統計局ホームページ/小売物価統計調査(構造編)調査結果

引っ越しをする必要がない

これは「◯ターン」ではなく、「地元で就職する」人にだけ当てはまることですが、地元で就職をすれば引っ越しをする必要がありません。

引っ越しをするときは物件探しはもちろん、費用もかかるため、「とにかくお金をかけたくない」という場合は、「その場で就職する」というのもひとつの方法といえます。

地方に貢献できる

地元愛が強く、自分が生まれ育った「地元の企業に貢献したい」と考える人は多くいます。

地元に貢献できるというのも地方就職のメリットといえるでしょう。

また、生まれ育った場所ではないにしても、好きな地方に貢献するという考え方もできます。

地方就職のデメリット

続いて、地方就職のデメリットを見てみましょう。

仕事が少ない

地方は都会と比べて仕事が少なくなります。これは人口が都会に集中しており、地方では市場(マーケット)が成立しないためです。

そのため、地方では「やりたい仕事がない」可能性もあります。その場合は「都会に出る」「ほかの仕事を見つける」などの対策が必要になります。

収入が低い

都道府県別賃金

一般的に都会は収入が高く、地方は収入が低くなります。

厚生労働省が発表した賃金構造基本統計を見ると、賃金がもっとも高いのは東京都で37万3000円でした。反対にもっとも安いのは宮崎県で23万4000円です。

地方は都会より生活コストが安いのが魅力的ですが、それ以上に収入の落ち幅の方が大きいことは覚悟しておく必要があるでしょう。

参考:賃金構造基本統計調査|厚生労働省

交通インフラが整っていないことが多い

都心部は数分に1本電車が来るなど交通インフラが整っています。

一方、地方では場所によって自家用車がないと生活が成り立たないということは少なくありません。自家用車を持つとそれだけ維持費がかかるので、その点も計算しておきましょう。

土地の風習に困る場合がある

都心部は良くも悪くも地域とのコミュニケーションが希薄です。隣に住んでいる人の顔や名前を知らないというのは珍しくありません。

一方、地方はつながりが強く、その土地独自の風習がある場合もあります。場所に憧れるだけでなく、「その場所に住む」ということも意識することが大切です。

第二新卒・既卒・フリーターが県外に出て就職する方法まとめ

2017.12.05

「地方に住むこと」だけを目的にしないようにしよう

「地方で働く」というのはすばらしいことです。

しかし、特に◯ターンのように地方に移住する場合は、「地方に住むこと」だけを目的にしないようにしましょう。そうするとせっかく就職した会社も続かなくなってしまうからです。

都会でも地方でも「自分が就きたい仕事に就く」という点では同じです。地方就職をするときは、その点を忘れないようにしましょう。

東京以外で使える既卒専門の就職エージェント

最後に東京以外で使える第二新卒・既卒・フリーターなど20代の若手に特化した就職エージェントを紹介します。

第二新卒・既卒・フリーターに特化している就職エージェントは、「未経験歓迎」の求人を多数持っているため、転職組とバッティングすることなく、就職活動をすることが可能です。

就職エージェントは、それぞれの適正に合った求人の紹介、履歴書の添削、面接対策など、「地元で就職したい」方の強力なパートナーとなってくれるでしょう。

DYM就職:札幌・東京・名古屋・大阪・福岡に支店を持つ

運営会社 株式会社DYM
年齢 18〜35歳
学歴 高卒以上
書類選考 なし
対応地域 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
費用 無料

DYM就職は、登録後の就職率が96%という実績を持つ非常に高レベルなエージェントです。数でいうと、毎月約200人が全国で就職を決めていることになります。

DYM就職の支店があるのは、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の全国5箇所。第二新卒・既卒・フリーターの方が地方就活をする上で最有力候補と言えるでしょう。

DYM就職の無料登録はこちら

就職Shop:人材大手リクルートキャリアが運営

運営会社 株式会社リクルートキャリア
年齢 20代がメイン
学歴 不問
書類選考 なし
対応地域 東京、千葉、埼玉、横浜、京都、大阪、神戸
費用 無料

就職Shopは、人材大手のリクルートキャリアが運営する若者のための就職サービスです。大手ならではの地域に密着した豊富な求人を紹介してもらえます。

就職Shopの支店は、東京、千葉、埼玉、横浜、京都、大阪、神戸にあります。関東・関西エリアで就職活動をするとき、非常に使い勝手の良いエージェントになるでしょう。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

いい就職ドットコム:全国の求人に対応

運営会社 ブラッシュアップ・ジャパン株式会社
対象年齢 22〜29歳
対象学歴 大卒以上
書類選考 あり
対応地域 全国(東京・横浜・名古屋・大阪にオフィスあり)
費用 無料

いい就職ドットコムは20代向けエージェントのなかでは珍しく、全国の求人に対応しているエージェントです。ただし、支店は東京・横浜・名古屋・大阪の4箇所のため、これ以外の場所から利用するときは電話サポートになります。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職ドットコム」