第二新卒のためのハローワークを使った就活

前職を短期間で離職し再就職をするとき、「ハローワークを使おうかな」と考えている方も多いと思います。ハローワーク(公共職業安定所)は無料なので使いやすいですよね。

そこで、ここではハローワークを使った就活について解説します。

ハローワークの使い方

「ハローワーク」ってどうしても「仕事がない人のための暗い雰囲気がする場所」みたいなイメージがありませんか? まずはハローワークの使い方についてかんたんに紹介します。

(地域ごとに多少異なる場合もあります)

  1. 求職申込み用紙の記入
  2. ハローワークカードの発行
  3. カウンセリング
  4. 求人検索

参考:ハローワークインターネットサービス – 求職申込み手続きのご案内

求職申込み用紙の記入

まず、最寄りのハローワークに行ったら、受付で「はじめてです」と伝えましょう。「求職申込み」用紙に記入するよう言われるので記入します。

ハローワークカードの発行

求職申込みができるとハローワークカードがもらえます。ハローワークカードはカウンセリング(職業相談)や求人紹介の際に必要になるので、ハローワークに行くときは持っていきましょう。

カウンセリング

その後、順番を待ってカウンセリングをします。カウンセリングでは次のようなことを相談できます。

  • どんな仕事が良いか知りたい
  • 就職活動の方法を知りたい
  • 就職する上で相談したいことがある
  • 応募書類や面接の受け方について知りたい

つまり就職する上で分からないことがあれば聞けるということになります。

求人検索

また、ハローワークには「求人情報提供端末」(パソコン)があるので、個人で求人を検索することもできます。カウンセリング中に一緒に検索してもらうこともできます。

個人で求人を検索し、気に入った求人があれば応募(または相談)しましょう。再度カウンセリングを待つことで応募や具体的な手順に進めます。

第二新卒がハローワークを使うメリット

求人数が多い

第二新卒の方に限らず、ハローワークを使うもっとも大きなメリットは「求人数が多い」ことです。

ハローワークは利用者だけでなく、企業も無料で求人を掲載できます(民間の求人サイトは求人を掲載するのにお金がかかる)。そのため、求人数はどのサービスよりも多くあります。

地域密着型である

また、地域密着型になりやすいというのもハローワークのメリットのひとつです。

特に地方の中小企業の場合、求人サイトに掲載する余裕がなかったり、「求人にお金をかける」という考えがない企業が多いため、求人サイトには求人情報が掲載されていないことが多くあります。

その分、ハローワークは無料で求人が掲載できるため、求人が多数掲載されています。地方に住んでいる方にはハローワークは心強い味方であると言えるでしょう。

第二新卒がハローワークを使うデメリット

大企業の求人はまずないと思ってよい

一方、ハローワークには大企業や人気企業の求人はまずないと思って間違いありません。

そもそも、企業側にとってハローワークに求人を掲載するのは非常に手間がかかります。たとえば、ハローワークを通して応募があった場合、必ず面接をしなければならないという決まりがあります。

また、求人掲載を事業所(支店、支社など)ごとに行う必要がという決まりもあるため、大企業や人気企業にとってハローワークに求人を掲載するメリットがほとんどありません。

そのため、必然的に大企業や人気企業の求人は掲載されないことになります。

求人の質が玉石混交である

また、求人の質が玉石混交であるというのもデメリットのひとつです。おそらくこれは、よく言われる「ハローワークはブラック企業が多い…」というものに当たります。

ハローワークは企業も無料で利用できるため、「辞めたらまたハローワークで募集すればいいや」という「人材を大切にしない企業」の求人が多くなりやすい傾向があるのです。

残業時間や給与など掲載されている労働条件と実際の労働条件が異なる場合も多いため、気になる求人があった場合は、インターネットで評判などを確認するようにしましょう。

第二新卒の市場を理解してもらうのが難しい

ハローワークは全世代の人が使える公的サービスです。

そのため、「第二新卒に特化しているわけではない」ということを理解する必要があります。担当者は第二新卒の方が就活市場でどのように見られているのか、といったことを把握していません。

ハローワークを使うときは、受け身で情報を集めようではなく、あくまで「自分で求人を探す」といったように能動的な姿勢で臨むのが良いでしょう。

ハローワークを使いたい第二新卒はこんな人

地方や地元で就職活動をしている人

ハローワークを使いたい第二新卒の方として、地方や地元で就職活動をしている人があげられます。

前述のように、地方の中小企業には求人サイトに求人を掲載しておらず、求人はハローワークだけという企業が多くあります。そのため、地方在住の場合はハローワークを使うのも良いでしょう。

転職サイトが使えなかった人

また、転職サイトが使えなかった第二新卒の方もハローワークがおすすめです。

転職サイトは「人材紹介会社」「就職エージェント」とも呼ばれます。これらのサービスは無料で使えますが、どうしても求人を紹介してもらえないということが出てきます。

ちなみに後述しますが、それらの多くの原因は「本人」にあることがほとんどです。転職サイトの使い方を間違えなければ、ほとんどの場合就職活動に成功するので、使い方を見直すのも良いでしょう。

どうしても転職サイトが使えない場合(たとえば30歳以上で未経験など)、ハローワークを使うと求人が見つけやすくなります(ただし求人の質が玉石混交なのは否めません)。

第二新卒のための転職サイトを使った就職活動

最後に、第二新卒の方の就職活動として転職サイトを使った方法を紹介します。

転職サイトの選び方

転職サイトは星の数ほどありますが、知名度だけで選んでしまうと時間をムダにして失敗してしまう可能性が高くなります。そのため、自分に合ったサービスを選ぶことが重要です。

たとえば「20代の若者向け」でも「新卒」向けのサイトは使えません。また、「転職」といってもキャリアを積んだ方が利用する転職サイトも使えません。

第二新卒の方の場合、「20代の若者向け」の「第二新卒」に対応している転職サイトを選びましょう。第二新卒や既卒など就職市場で不利になりやすい若者をサポートをする転職サイトはこれまで多くありませんでしたが、最近はサービスが増えてきました。

第二新卒の方が使えるサービスには、ウズキャリやハタラクティブなどがあります。特にウズキャリは他社の10倍もの時間をかける丁寧なキャリアカウンセリングに評判があります。

サービス対象は東京をはじめとした首都圏、名古屋、大阪なので該当する地域に住んでいる方は、利用すると良いでしょう(無料で利用できます)。

転職サイトで受けられるサービス

転職サイトに登録するとオフィスに行きます。

そこで、これまでの経験やスキル、どのような仕事がしたいかといったキャリアカウンセリングが受けられます。早いとこの段階で求人を紹介してもらえます。

また、応募したい求人が見つかると、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などが個別で受けられます。また、企業に自分を推薦してもらえるのも転職サイトを使うメリットです。

転職サイトを利用するときの注意点

ただし、転職サイトを利用するには注意点もあります。それは「態度」です。転職サイトは無料のため、気軽に利用することができますが、求人を紹介してもらえないことがあります。

私はこれまで就職エージェントにいろいろなお話を聞いてきましたが、転職サイトで失敗する理由のほとんどは、「利用者の態度や転職活動に対する姿勢なのではないか?」と思っています。

転職サイトに登録すると、これから転職活動を進める上で「前職を辞めた理由は?」など少し答えにくい質問をされることがあります。しかし、このとき恥ずかしさを消すために強気になって答えてしまったりすると、せっかく進みかけた転職もゼロに戻ってしまいます。

キャリアカウンセラーはあなたのことが嫌いで質問をするわけではありません。現状を把握して一緒に転職活動を進める上で知る必要があるから言いにくいことも聞いているのです。

キャリアカウンセラーは敵ではなく味方です。あなたの転職活動を強力にバックアップしてくれる存在なので、あなたも勇気を出して、心を開いて接するように心がけましょう。

そうすることで、あなたの印象は良くなり、内定までの距離は一気に短くなるはずです。

第二新卒として転職活動をするあなたが転職を成功させるきっかけになれば幸いです。

第二新卒・既卒・フリーター向け就活サイト

第二新卒・既卒・フリーターとして就職活動をしたいけれど、「どんな就職サイトを使えばいいか分からない」と悩んでいませんか?

他社の10倍時間をかける個別就活サポートにより、内定率86%の実績を持つ第二新卒・既卒・フリーター向け就職サイト「ウズキャリ」をご紹介します。