第二新卒の就職先はブラック企業?あなたが就職活動をする上で知っておきたいこと

「第二新卒になるとどんな就職先があるんだろう?」

「ひょっとしてブラック企業しかないんじゃ…?」

そう悩んでいませんか? インターネットには「第二新卒を雇うところは人を大切にしない」なんて書かれていますが、それは大間違い。第二新卒でも就職できる優良企業はたくさんあります。

ここでは第二新卒にはどのような就職先があるのか、そして第二新卒として転職を成功させるにはどのようなことをすべきなのかを解説します。

スポンサーリンク

そもそも第二新卒とはどのような人のことを言うのか?

本題に入る前に「第二新卒」がどのような人を指すのか、認識を揃えておきましょう。

第二新卒とは、新卒で就職後、3年以内に短期離職している人のことを指します。

つまり、社会人としてキャリアをスタートさせたものの、さまざまな理由で会社を辞め、もう一度転職活動をしている人のことです。

現在は3年以内に会社を辞める人は約30%いるため、「第二新卒」は珍しいことではありません。決して「自分だけ」だと悩まないように胸を張って転職活動に臨みましょう。

第二新卒が入りやすい就職先の特徴

業界の歴史が浅いところ

第二新卒が入りやすい就職先として、業界の歴史が浅いところがあげられます。

たとえばIT業界(Web, ITエンジニアなど)などが一例です。業界の歴史が浅いところは、良い意味で慣習が少なく、考え方も柔軟なため、「第二新卒=ダメ人材」という考え方はありません。

ベンチャー企業

同じように、大手企業よりもベンチャー企業の方が第二新卒は入社しやすい傾向があります。

逆に言うと、業界の歴史があり大手企業の場合は、「新卒一括採用」をしているところが多く、20代の未経験の第二新卒がいきなり入社をするのは難しくなります。

もし、「これらの有名企業で働きたい」と考えている場合は、一度就職して職歴をつけ、スキルや経験を身に付けた上でキャリアアップとして転職を考えるのも良いでしょう。

第二新卒の募集は増えている

最近の就職市場を見ると、以前と比べて第二新卒の募集が増えていることが分かります。これは日本の景気が回復してきたことが原因です。

景気が回復すると企業は採用を活性化します。今は超売り手市場のため、人材が足りません。そこで企業は若手人材の第二新卒や既卒といった人材を積極的に採用するようになったのです。

企業が第二新卒を募集するのには次のような理由があります。

社会人経験がある

第二新卒者は社会人経験があります。そのため、社会人として必要なビジネスマナーなどの教育をしなくてもよい(教育コストがかからない)というメリットがあります。

適応能力が高い

また、第二新卒者は3年以内で離職しているため、通常の中途採用の方と比べると前職の影響を受けていません。そのため、転職しても適応能力が高いと考えられています。

将来性がある

企業側から見ると、第二新卒者は将来性があると考えられています。なぜなら、一度就職を失敗してしまい、「次こそは失敗しないように」と思っているためモチベーションが高いからです。

さらに、年齢も若いため、就職した時点では未経験でもこの先の伸びしろがあると考えられます。

このように第二新卒者は企業からも決して悪いようには見られていないのことが分かります。

第二新卒が就職活動する上での弱点

一方、第二新卒が就職活動をする上で確実に弱点になるところもあります。

新卒ではない

ひとつめは「新卒ではない」点です。企業は同じ未経験の場合、一般的には新卒を優遇します。そのため、新卒と同じ土俵で戦うと苦戦を強いられるリスクが高くなります。

対処法としては、新卒とバッティングする「新卒枠」で戦わないことがあげられます。「第二新卒可」ではなく、「第二新卒歓迎」の求人を選ぶようにしましょう。

前職を辞めた理由

もうひとつが「前職を辞めた理由」です。これはどの企業の採用面接に行っても必ず聞かれるネガティブ質問です。答えにくい質問ですが、これをを避けては通れません。

現実を受け止め、なぜ自分が辞めたのか、そしてこれからはどのように変わっていきたいのかを自分事で話せるようにしましょう(このために強力な味方になるのが就職エージェントです)。

株式会社UZUZの取締役副社長の岡本啓毅さんは、YouTubeで「今すぐ仕事を辞めたいが、職歴が短い場合はどうすれば良いですか?」という質問に対してこのように述べています。

時期に関して言うと、目安としては1年です。

(職歴が)1年あると、企業から「短すぎるよね…」みたいなことを言われることが減ります。

半年から1年の間くらい(6ヶ月〜11ヶ月)は正直そんなに変わらないです。6ヶ月で辞めている人と10ヶ月で辞めている人で「すごく評価が変わるか」というとあまり変わらないです。

ただ、けっこう評価が低くなってしまいがちなのが半年未満。

たとえば「1ヶ月で辞めてしまった」とか短期間で辞めてしまうと、そこに関しては(面接で)けっこう突っ込まれたりします。

そのため、「職歴が短すぎますよね」という質問に対して、どう答えるのか事前に考えておくことが重要だといいます。こういう箇所は、キャリアカウンセラーと二人三脚すると良いでしょう。

これだけはやっちゃだめ!第二新卒失敗の例

第二新卒の就職市場は追い風ですが、「これをやっちゃダメ」ということがあります。

辞めることを人のせいにする

ひとつめは辞めることを人のせいにすることです。たしかに短期離職してしまうには、「ブラック企業だった」など、前職に理由がある場合も多いと思います。

しかし、たとえそのような場合でも人のせいにするのは辞めましょう。もし、あなたが仕事を辞めたことを誰かのせいにしてしまうと(他責にすると)、内定は遠ざかってしまいます。

あなたがどのように考えて前職を選び、どのようなギャップがあって辞めたのか。そして、今はどのように考えを改めるようになったのかということを自分事で話せるようにしましょう。

新卒時と同じように就活をする

もうひとつは新卒と同じように就職活動をすることです。第二新卒は新卒時と比べて就職できる幅が狭くなっています。これはどんなに好景気であっても同じです。

そのため、新卒とバッティングするような戦法で就職活動をしていると確実に苦戦します。

第二新卒には第二新卒の戦い方を心がけましょう。

第二新卒の転職活動はどのように始めるのか

就活サービスを活用しよう

それでは、第二新卒になった今、どのように就職活動(転職活動)をするのが良いのでしょうか。

まずは、就活サービスを活用しましょう。もっとも使いやすいのはハローワーク(公共職業安定所)です。ハローワークは企業も無料で求人を掲載できるため、多くの求人があります。

しかし、それがデメリットにもなります。ハローワークは企業も無料で求人を掲載できるため、求人の質が玉石混交です。つまり、ブラック企業求人が多数混ざっているのです。

そのため、これらをよほど精査できる方以外はおすすめできません(自分ですべて判断できる方はこの限りではありません)。

第二新卒に強い就職エージェントを選ぶ

そこで使いたいのが就職エージェント、いわゆる人材紹介会社です。就職エージェントでは、キャリアカウンセリング、求人紹介、書類添削、面接対策といったサービスが受けられます。

インターネットで応募まで完結できる求人サイトよりは手間がかかりますが(基本的にオフィスに行く必要があります)、サービス内容は「求人サイト」とは比べ物になりません。

就職エージェントは星の数ほどあります。あなたが選ぶべき就職エージェントは、第二新卒や既卒といった20代の若手人材に特化したエージェントです。

これにはウズキャリやハタラクティブなどが該当します。特にウズキャリは個別サポートに他社の10倍時間をかける丁寧な就活対策に定評があるので、第二新卒で転職活動をしている方はぜひ使っておきたいところです(首都圏、名古屋、大阪に対応しています)。

第二新卒としての転職活動を成功させるため、行動をはじめてみましょう。